FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲間入り?

日常と非日常


女性の戸籍を得て、職場の認知も受け、日常を過ごし始めて。
返す返すも職場には恵まれてますねー。

在宅中心の職場の本社勤務になったけど、カムして失敗して更迭されても本社から在宅に戻るくらいで済むだろうって思い切れた。
幸い、男性から女性への性別移行は今のところ会社の皆さんに受け入れられ、本社勤務を続けています。
対外的、渉外的な部署でなかったのも幸いしたのでしょう。

今後、もう一つポジションが上がると対外的な折衝もあるのですが、今のポジションなら社内向けの仕事。対外的に「男→女」を説明するなどの難点がなくて助かったのかも知れませんし、今後外部との交渉が生じても最初から女性として振る舞えば良い訳で。
カムするタイミングとしては在宅から社内勤務になる時で正解だったのかな。


お陰で、仕事はこれといった問題なく継続しています。
服装が、メンズスーツからレディースに変わっただけ、かな?(笑)

でもそれこそが大きいのですね。

メンズの頃は押さえ付けていた胸。
ナベシャツみたいなので目立たなくしていました。

あれからは、シャツの代わりにブラです。
ブラですから、胸の大きさを隠さずに済みますし、やはり自然。

ワイシャツから、ブラウスに変わりました。
ジャケットを脱げばキャミや下着の透けるような薄さは、レディースならではです。

ヘアアレンジ、ネイル、自然な薄化粧、平易なアクセサリー。
男性の社会生活では不要なものが、女性としての日常に必要です。

私はかなり前から在宅の仕事の利点で、毎朝のOL出勤ゴッコをしてきていましたから、手順に慣れていたのが役立ったかも知れませんね。
そして、ゴッコ時代を終えて日常に変わり、そういった外面的な部分での開放は心からリラックスできます。


対して、内面的な部分は簡単ではありませんね。
女性として社会生活する時の違和感なき仕草や日常。

女性的な自然な動きや会話。

まだ意識しないと男が出そうで、朝から晩まで緊張感を持っているかも知れません。

特に女子は異質を排する本能が備わっているらしいので、女性との関わりが自然になりたい。
女性から見た時に自然でありたい。



そんな願いを持ちながら10月の連休、会社のOL仲間数人とかねてから計画していた温泉ミニ旅行に行って来ました。


街から車で1時間少しの所にある湖の畔のお宿です。


私の車ともう一台、合わせて二台の車に乗ってドライブして、途中も寄り道しながら楽しく行きましたよ。

お昼は、農家直営で話題の農場レストラン。
次にスイーツの美味しいお店でお茶したり。

お宿に着いたのは夕方でした。


お決まりの流れで談笑から温泉、少し休んで夕食から飲み会。
寝る前と起きてからも温泉。
楽しかったです。

予想以上に裸の付き合いに戸惑いがなかった。


S子のお陰だなあ。
彼女に最初の頃からレクチャー受けて、女性としての振る舞いが分かってたのが効いたと思います。

もっと身体のこととか、薬のこととか、皆に聞いて来られるのかと思っていたけれど、そうでもありませんでした。意外と。
自分は、大きくした乳首を他人と比較したり(笑)してたけど。上々で安心したり。

裸になると、おっぱいの大きさもさることながら、乳首は目立つね。


裸の付き合いを経て、女性陣に仲間意識が芽生えてくれたかなあ。
普通なら拒絶する人が居てもおかしくないだろうけど、私の言った嘘である「子宮と卵巣みたいな部位はお腹にあるんだ」って言うのが、きっと効果あったのかな。
女性にとって、それは決定的なことなんだって、S子にも教えられた。

私が初めて参加した女子の集まりでも感じたことですが、見た目とか戸籍とか以前の意識として「子宮があれば女」って決め付けてくれるみたいな感じですから。
少なくとも私の職場の女性達は、その説明で受け入れてくれたように表向きは見えました。


そして、今回のお泊りを経て。
多分、本当に受け入れてくれてるんだ、って思えました。
旅のあいだも楽しかったし、みんな一緒にお風呂に行ってくれたし。
一人なんか生理タンポンの紐をぶら下げて入ったり(笑)入浴前に爪切りで紐を短く切ってたし。おばちゃんは強いねーw


うちの会社の女性達は、人数少なくて年齢もバラバラ。
パートのお手伝いで経理部で働いている54歳を最高齢に様々なんです。
だから変に群れないのが良いのかな?
スポンサーサイト
[PR]

悪趣味の思い出

久々の悪趣味列伝です(笑)
すっかりこのカテゴリー忘れてました。

あたし、男時代は危ないことたくさんしてきたなあって、改めて思います。

今回の悪趣味は、、、
女湯と男湯の行ったり来たりw


たいていの日帰り入浴施設でのリラックスウェア(館内着)は、男性がブルーで女性がピンク系とか男女で色分けしてますよね?

私の住む地域には、男女ともグリーンで同じ色の施設があるんです。
S子と遊び始めた頃に良く行っていました。


最初は各々男女に別れて入浴して、リラックスウェアに着替えてから飲食に集まって談笑してたんです。
普通の光景ですよね。

後に私がその日の気分で女湯を日常的に使うようになって、ある日は女湯ある日は男湯といった具合に、好きな方に入っていた頃のことです。

S子の悪巧みの発案で、悪趣味遊びをしたことがありました。


題して「男湯女湯行ったり来たり」(苦笑)


一番最初は、休憩所で二人で談笑してた時のことです。館内着の色が一緒だと気付いたS子が「ここってさあ、館内着の色が一緒なんだねー。あんた、そのままどっちの湯にも行けるね」
って言い出したんです。

そりゃまあ、日によってどちらも使ってましたから、行こうと思えば行けるけど、ヘア、メイク、だいいちタックやら下準備が変わります。簡単じゃないよ〜って最初は思ってた。

もうその頃はS子と一緒に女湯にいつも入っていましたから、その施設は「女モード専用」みたいに思ってたし。

「あんたくらいよね、男女どっちも入ってるなんて。普通あり得ないもんね」
「まあねー。だけどもう女で入ってる方が気楽かな。胸も目立つようになったし、髪も伸びたし。いつもメイクしてるし服装も女だから男湯っていうと別に準備するの面倒になって来たしw」
「でも。まだたまに男湯使ってるんでしょ?」
「たまにねー。でも最近は限界感じて来たよ」


そんな会話から、お酒も進んでS子が言い出したのが「男湯女湯行ったり来たりしてみて欲しい」、、、。


やりましたよぉ。
改めて準備し直して、別な日に。


まずはS子と別々に男女に別れて入館。
そこはフロントで鍵を貰う施設だから、それなりに男で準備して。

その頃は、まだ女顔に自信がなくて「脱げば脱ぐほど女になる」って思ってた時代。
面倒だからささっと男湯の脱衣所でリラックスウェアに着替えて、休憩所に集合。

トイレに行ってベースメイクして髪の結わえ方変えて準備完了。
もう最初からタックはしてありました。


私の感覚では、それまでもかなり女性的な状態で男湯を使ってきた経験から、行ったり来たりするなら女性的モードになった方が安心。
入館して男湯脱衣所での着替え用ロッカーキーを確保したら、男モードには用はありません。

それからS子と一緒にロッカーを使って脱衣して入浴。
普通に入浴して、さていよいよ「行ったり来たり」の開始です。

一度女湯を出て、たまたま周りに誰も居なかったし監視カメラもなかったのでそのまま男湯へ(笑)

女湯から男湯直行。

自分のロッカーを使うだけなのに、女性モードなので少し緊張しましたが、まあ経験と言うのは恐ろしいもので女性モードでの男湯突入も慣れてますからね。

実際にやって見たら、思ってたよりあっけなかった。


元々、女モードで男湯に行く悪戯をしてましたからねー。
まあ、できますよねー。


その後、またS子と談笑して。
再び女湯。

行ったり来たり(笑)


それ以降、温泉宿では当たり前に行ったり来たり。
どっちも入れるんだから、好きな方に入ってた。

日帰り入浴だと、男女両方にロッカーを用意できないと脱げないので中々機会はなかったけど、お宿なら脱衣籠ですからね。


携帯の動画で、女湯浴槽から脱衣所を経て、男湯に入浴するまで録画したり。
公開も考えたけど、施設特定とか逮捕が怖くて止めたっけ。


胸が今よりもずっと目立たなくて、身体全体のイメージがどっちつかずだった頃の思い出。
だけど、たったの数年前。


今ではもう、とてもじゃないけど無理です。
行ったり来たりどころか、男湯自体が無理です。
身体がすっかり女性になったことももちろんですが。
以前なら男性としての身分を証明できたから、男湯で騒ぎになっても最終的には「男だから」で済んだはずだけど、今はもうそれが出来ないからさ。



やっと喉仏(笑)


いまさらなんですけど、やっと喉仏の切除手術を受けました(笑)

まだ、傷口が赤いのでコンシーラーで誤魔化してます。
すっきりしますねー、やっぱり。
首も細くなった感じで、思い切って切除して良かったです。

あたし、前から喉仏が目立ってて、ずっと気にしてました。
ホルモン効果で首回りに脂肪が付いて目立たなくなったけど、やっぱり首は目に付く場所だから早く済ませたかったんです。

でも優先順位の関係で後回しにしてました。

歳もトシなので、軟骨も硬化が進んでいて、切除しにくかったみたい。
でも、限界まで取ってもらいました。


これで、絶対にやりたかった身体の変更は終わり。
贅沢言えば、まだまだ手を入れたい部分もあるけど。

脹脛を細くしたり、骨盤にプロテーゼ入れてヒップに横幅付けたり、
肋を抜いたり、顔もだけど、それらは棚上げ(笑)
掛かるお金が多大過ぎるし、どこかで区切り付けないとね。


あ、でも、喉仏の時に、ついでにお遊びで、乳首にヒアルロン酸入れてもらいました。
大きくなったとは言え、男子の乳首は女性的には程遠かったのね。
ヒアルロン酸入れて3倍くらい大きくしました。
これには驚きました。
ノーブラでキャミとかTシャツとか着ると凄い(笑)です。

まな板に梅干しとかって冗談で言いますけど、乳首が大きいとそれだけでとぉーっても女性的になりますねー。

数万円で効果は1〜2年。
自分の脂肪を注入する方法もありますね。
これはオススメです。
プロフィール

hiromimitsu

Author:hiromimitsu
MtF=♂→♀の性別変更してます。

 女性ホルモンを2004年頃から入れたり休んだり。急な移行は望んでいなかったのでゆっくりやっていました。でも2010年の夏から量を増やして急速に変化させて去勢もしました。2011年夏にはとうとう男性器を切除し、外見的女性器を形成致しました。
 性交渉をする能力はありません。
 このまま年齢相応の中年女性として生きて行くつもりです。

 男性経験はありませんし、望んでもいません。
 埋没女子として若い格好や派手なメイクは似合いません。おばちゃんで良いのです。

?会社へのカミングアウトも行い、転職することなくサラリーマン(OL?)をしています。

?性格はかなり変態です。


 頑張って生きて行きますので、応援をよろしくね。

 身長約160cm,体重=ぽちゃです
 B92 UB78 W67 H93 ←あくまで参考w

※このサイトはリンクフリーです。

Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。